www.louisvillefilmfest.org

子供と触れ合える保育士の複雑な心境

子供と触れ合える保育士の複雑な心境

小学生よりももっと小さな子供と触れ合える職業といえば保育士です。子供の頃の記憶には残っていなくても、お世話になったことのある大人は意外に多いのではないでしょうか。父親・母親が共働きで子供の世話をする暇がない家庭では、保育所で働く保育士に自分の子供を預けたりするのです。詳しい情報は保育士になるにはを参考にしてみてください。

 

保育士に預ける3,4歳の子供の頃が1番可愛い時なのではないかということを考えると、少々もったいなく感じてしまいます。せっかく天より授かった子供です。信頼のおける保育士とはいえ、可愛い自分の子供の成長を他人に託してしまうのは寂しいような気がします。色々詳しく教えます保育士が良いですよ!

 

そういった親達がいるからこそ成り立つ職業ということを考えると、保育士にとっても複雑な気持ちでしょう。子どの成長という大切な仕事を親達から奪ってしまうことになるのです。
保育士という仕事は、子供の成長を手助けできる喜びがある反面、人の幸せを奪う矛盾も孕んでいます。このことをよく理解した上で子供と親達と接していかなければならないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ